­


会社概要

川崎本社

住所
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目905番地2

TEL
044-434-2811
FAX
044-434-2814

相模支店

住所
〒252-0216
神奈川県相模原市中央区清新4丁目2番5号

TEL
042-772-1214
FAX
042-772-1215

2020-10-07

牙狼<GARO> MAKAISENKI COMPLETE Blu-ray BOX 【Blu-ray】
商品種別Blu-ray※こちらの商品はBlu-ray対応プレイヤーでお楽しみください。
発売日

2013/03/20

ご注文前に、必ずお届け日詳細等をご確認下さい。

関連ジャンル

特典情報

初回特典ケース入り特製メモリアルカード(20枚)封入

永続特典】同梱内容

本編ブルーレイ8枚+特典DVD2枚+CD
描き下ろしBOX】封入特典:スペシャル・ブックレット(32P)
■映像特典
世界観】牙狼を彩る音楽<影山ヒロノブ×奥井雅美 インタビュー>】イベント映像集】第25話 牙狼<GARO>スペシャル 我が名は牙狼-冴島鋼牙 戦いの軌跡-】「牙狼<GARO>〜MAKAISENKI〜」TVスポット集

収録内容

Disc.1
01.GARO -MAKAISENKI- with JAM Project(1:31)
02.帰還 (第1話「火花」)(0:21)
03.本性 (第1話「火花」)(1:16)
04.赤い仮面の男 (第1話「火花」)(1:09)
05.破滅の刻印 (第1話「火花」)(0:58)
06.元老院 (第2話「街灯」)(0:40)
07.変貌 (第2話「街灯」)(1:27)
08.カオル (第2話「街灯」)(1:38)
09.信頼の激走 (第3話「車輪」)(3:43)
10.零 (第3話「車輪」)(0:58)
11.逆襲 (第4話「切札」)(2:09)
12.回想 (第5話「奈落」)(1:20)
13.月明かりの幻影 (第6話「手紙」)(1:27)
14.対決 (第7話「閃光」)(2:03)
15.シグマ (第7話「閃光」)(1:26)
16.妖刀主題曲 (第8話「妖刀」)(0:59)
17.武士道 (第8話「妖刀」)(2:02)
18.銀牙騎士 (第8話「妖刀」)(1:13)
19.変幻自在 (第9話「化粧」)(3:28)
20.レオ (第10話「秘密」)(1:37)
21.Montage (第10話「秘密」)(1:25)
22.異空間の戦い (第11話「咆哮」)(1:23)
23.葛藤 (第12話「果実」)(2:25)
24.Vocalise (第12話「果実」)(2:15)
25.Predestination (TV サイズ)(1:00)
26.我が名は牙狼 (TV サイズ)(1:31)
27.邪美の想い (第13話「仙水」)(2:06)
28.闇へ堕ちた者 (第14話「再会」)(1:12)
29.友情の証 (第14話「再会」)(1:08)
30.友への誓い (第15話「同胞」)(2:24)
31.野望 (第16話「仮面」)(1:52)
32.烈花の哀しみ (第17話「赤筆」)(1:03)
33.果てなき激闘 (第18話「群獣」)(4:40)
34.ミオ (第19話「楽園」)(1:34)
35.魔導列車 (第20話「列車」)(1:34)
36.脅威 (第21話「牙城」)(1:59)
37.鋼牙へ (第21話「牙城」)(1:56)
38.盟友たち (第22話「盟友」)(1:46)
39.光と闇 (第23話「金色」)(1:53)
40.ギャノン (第23話「金色」)(2:20)
41.希望の騎士 (第24話「時代」)(1:51)
42.約束と宿命 (第24話「時代」)(3:02)
43.寮歌 (日本語版) (第24話「時代」)(2:13)
44.PROMISE 〜Without you〜 (TV サイズ)(1:01)
45.次回予告(0:17)

商品概要

シリーズ解説
2005年10月、ハイパーミッドナイトアクションと銘打ち、深夜アクションドラマとしてテレビ放送された『牙狼<GARO>』。テレビ史上類を見ないハイクオリティなVFXと、ワイヤーを駆使したアクションシーン、多彩な毎回のゲストが話題となり、熱狂的ファンを生み出した。そんな『牙狼<GARO>』最新作が、10月6日よりテレビ東京系列全国6局ネット(テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)の深夜枠にて帰ってくる。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第1話 火花』
チンピラの阿南英一(竹中直人)は骨董店に陳列されたライターを盗んだ直後、かつての仲間たちに拉致され拷問を受ける。すると不気味な囁きが耳に届く。一方、魔戒法師のレオ(中村織央)はホラー・シガレイン出現を察知。元老院の神官・グレス(ひし美ゆり子)へ報告するが、既にある男へ討伐指令を伝えたと言う。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第2話 街灯』
元老院付きとなった鋼牙(小西遼生)はグレスからレオをパートナーとするよう進言され、魔戒獣・号竜を発明したという彼を信頼する。深夜、若い男たちを凝視する一貝志乃(広田レオナ)。その視線に気付いた男たちは逃げ去るが、行く先に忽然と街灯が現れる。光の中には妖艶な美女が照らされていた。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第3話 車輪』
レオは束の管轄に号竜・コルトを納品するため、ホラー討伐の別名を受けた鋼牙と車で移動する。コルトの力でホラー・メルギスを封印し得意満面のレオだったが、鋼牙の苦言に苛立ちを覚える。翌朝、レオは魔戒剣を構える鋼牙の姿を見る。その相手はなんとコルトだった。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第4話 切札』
西の孤島で開催される闇カジノでは客が次々と行方不明になっていた。鋼牙(小西遼生)は客としてカジノに潜入し、人々の消える要因がポーカーの勝敗にあると掴む。キッド(村上幸平)、リリカ(山本彩乃)、ビッグママ(佐藤直子)、イチロー(坂本真)、そしてディーラー(久米田彩)。この中の誰がホラーなのか?

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第5話 奈落』
画家となる夢が破れ、鋳造所を営む黄島宏二(なだぎ武)は、日々マンホールの蓋を造り続けていた。独特の完成で生み出される蓋は実用性よりも芸術性に趣が置かれており、仕事に結びつかず借金がかさむばかりだった。ある日、そんな黄島の前に彼の芸術性を理解する謎の女性(江口ヒロミ)が現れ、大量に蓋を発注する。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第6話 手紙』
街の外れにある一軒家。主の庄内治(小松政夫)、妻の直恵(松金よね子)、息子の眞人(高野八誠)は、団欒の時を過ごしていた。カメラマンとして世界を飛び回る眞人が久しぶりに帰宅したのだ。笑顔に溢れる庄内家。一方、思い詰めた表情で冴島邸に現れた零(藤田玲)は、迷いを断ち切るかのように銅牙と剣を交える。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第7話 閃光』
元老院付きの魔戒法師テラス(木下ほうか)は、霊獣の毛皮を下界の魔戒法師へ手渡す儀式の準備をしており、鋼牙(小西遼生)はその護衛を任されていた。何事も起こるはずなくがないと高を括るテラスだったが、儀式の最中、赤い仮面の男に霊獣の毛皮が奪われてしまう。鋼牙は霊獣の毛皮を奪還すべく追跡するが…。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第8話 妖刀』
ホラー・レベッカと対峙した零(藤田玲)は銀牙士ゼロとなり、その陰我を断ち斬る。直後、妙な気配を感じ取る。気配の主は、謎の男・猪狩重蔵(大友康平)。まるで侍の様な出で立ちで、その手には刀が握られていた。真剣勝負を申し込む重蔵だったが、ホラーでない者に剣を向けられないと零は立ち去ってしまう。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第9話 化粧』
人気ミュージシャン・JURANが主人公を演じる古典劇が開演。そのお粗末な演技に文句を付ける老人・高峯龍之介(川崎麻世)は、かつて天才役者と呼ばれていた。道具室でJURANの役柄になりきる高峯だったが、鏡に映るその顔に住年の輝きはなく絶望する。すると、背後にある古い化粧箱から不気味な声が響き…。

『牙狼<GARO> MAKAISENKI 第10話 秘密』
レオ(中村織史)は数年に一度しか出現しない霊獣を見るために、ゴンザ(螢雪次朗)から儀式用の剣を借り受ける。霊獣の姿を見た者には幸福が訪れると聞いたカオル(肘井美佳)は、自分も同行させて欲しいと説得を試みる。その頃、鋼牙(小西遼生)は時空ホラー・ズフォーマーが現れる時を待ち続けていた。

....

スタッフ&キャスト

雨宮慶太(原作)、雨宮慶太(総監督)、二宮清隆(エグゼクティヴ・プロデューサー)、吉田健太郎(統括プロデューサー)、沖元良(プロデューサー)、夏井佳奈子(プロデューサー)、比嘉一郎(プロデューサー)、山邊博文(ラインプロデューサー)、横山誠(アクション監督)、大橋明(アクション監督)、田口恵(設定)、井上俊次(音楽プロデューサー)、京映アーツ(美術)、ミヤタルーム(衣装)、ベレッツアスタジオ(メイク)、G・a・R・P(造形)、小坂一順(VFXスーパーバイザー)、中川茂之(CGスーパーバイザー)、オムニバス・ジャパン(VFX、CG)、江良至(脚本)、雨宮慶太(脚本)、雨宮慶太(監督)、東北新社(制作)、オムニバス・ジャパン(制作)

小西遼生、肘井美佳、中村織央、藤田玲、影山ヒロノブ、ひし美ゆり子、螢雪次朗、竹中直人、松田賢二、山本匠馬、倉貫匡弘、さとうやすえ、松山メアリ、折笠愛

商品番号PCXP-60016
販売元ポニーキャニオン
組枚数11枚組
収録時間974分
色彩カラー
制作年度】国2011】日本
画面サイズ16:9LB
音声仕様ドルビーデジタルステレオ リニアPCMステレオ 日本語
コピーライト(C)2011 雨宮慶太/東北新社
_映像ソフト _映画・ドラマ_国内ドラマ _Blu-ray _ポニーキャニオン 登録日:2013/01/21 発売日:2013/03/20 締切日:2013/02/15

参考小売価格39,600円 (税込)
価格
32,868円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
ご注文完了後のキャンセル・注文内容変更
ラッピング
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
ラッピング対応