­


会社概要

川崎本社

住所
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目905番地2

TEL
044-434-2811
FAX
044-434-2814

相模支店

住所
〒252-0216
神奈川県相模原市中央区清新4丁目2番5号

TEL
042-772-1214
FAX
042-772-1215

2020-10-09
カテゴリトップ > 濃度をはかる > 残留塩素計
柴田科学SIBATA ハンディ水質計アクアブ残留塩素測定器DPD法AQ-201型 試薬付

送料・代引手数料無料!。
柴田科学のアクアブAQ-201型は、DPD試薬による吸光光度法を採用したデジタル残留塩素測定器です。

試料セルにサンプル液と試薬を投入し、機器にセットするだけで測定数値をデジタル表示します。
比色板式に比べ、照明加減や測定者の個人差が出ませんため、より精度の高い水質管理が可能となります。

商品は取寄せ品となります。

<仕様>

型式 AQ-201
測定項目 残留塩素
測定範囲 0.00〜2.00mg/L
測定波長 511±2nm
測定原理 DPD試薬による吸光光度法
測定方式 透過吸収測定
測定セル φ24mmキャップ付きバイアルびん
表示形式 デジタル数値
光源 LED
受光部 フォトダイオード
データ記憶数 99点
検水量 10mL
測定時間 ゼロ点認識・濃度測定ともに約2秒
自動OFF機能 キー操作終了120秒後自動電源OFF(手動も可)
電源 アルカリ乾電池 単4×4本
付属品 粉体試薬25包 試料セル2本 単4アルカリ乾電池4本 
キャリングケース クイックマニュアル
寸法・質量 70(W)×142(D)×63(H)mm ・ 約250g

水道水の衛生確保のために塩素消毒等が行われていますが、残留塩素とは水道水中に
消毒効果のある状態で残っている有効塩素のことを指しています。
そしてこの残留塩素濃度の確認測定方法として、DPD法が法規での測定方法として用いられています。
AQ-201型は、このDPD法を用いた残留塩素測定器で、2.00mg/Lまでの残留塩素濃度の測定が可能で、ビル・マンション・学校・工場・プール・娯楽施設等、生活環境での水の残留塩素測定に利用できます。
結合残留塩素を測る場合には、ヨウ化カリウム試薬が別途必要になります。

●ハンディで簡単なキー操作
●測定値のメモリが99点まで可能。
●見やすい大型液晶搭載で、モード状況、電池残量も表示します
●オートパワーオフ機能
●ユーザー校正モード機能
●キャリングケース付


DPD試薬による吸光光度法を採用した残留塩素計【送料・代引手数料無料】
価格
48,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
取寄品につき発送日別途ご連絡致します
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く