­


会社概要

川崎本社

住所
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目905番地2

TEL
044-434-2811
FAX
044-434-2814

相模支店

住所
〒252-0216
神奈川県相模原市中央区清新4丁目2番5号

TEL
042-772-1214
FAX
042-772-1215

2020-07-17
カテゴリトップ > その他
Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Haunt - ファズ - 《ギターエフェクター》

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの事ならフレンズにご相談ください。

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの特長!
ファズ限界に挑むペダル

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntのココが凄い!
Old Blood Noise Endeavorsは、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。
時々動画を作ったり、絵や文章を書いたり、冗談を言ったりもします。

Old Blood Noise Endeavorsはガレージからスタートしました。というより、ガレージに戻ってきました。
いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。
そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立したのです。
Old Blood Noise Endeavorsは、Brady SmithとSeth McCarrollがエフェクターを制作し、また音楽を作ったり聴いたり、コーヒーを飲んだり、考えたりします。
マッツ・ミケルセンの次の作品を待ち望んだり、脚本を書いたりはしません。

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntのメーカー説明

Old Blood Noise Endeavors Alpha Hauntは、1つのファズ回路が作ることのできるサウンドの限界に挑むようなペダルです。
ワイドでオープンなオーバードライブサウンドから強力に歪む轟音まで、広く音を作ることができます。

Alpha Hauntは12のコントロールを搭載したファズペダルです。
これらのコントロールはインタラクティブで、轟音、サステイン、ゲーテッド、スパッター、ミッドスクープ、ミッドブースト、ブライト、ダーククラリティ……など様々なファズサウンドを作ることができます。

●特徴
・ファズゲイン、コンプレッション、バイアス、トーンコントロール
・ファズレンジとトーンコントロールボイシングを切り替えるスイッチ
・個別に音量を調整できるパラレルエンハンス回路
・アクティブ3バンドマスターEQ
・全体の音量を調整するMaster Volume
・トゥルーバイパススイッチング、スタンダードなDC9Vアダプターで駆動

●コントロール
・MASTER VOLUME:ペダル全体の音量を調整します。
・FUZZ VOLUME:ファズシグナルの音量を調整します。多くのコントロールがこのノブに影響されます。
・FUZZ RANGE:ファズのゲインレンジを切り替えます。ダウンポジションでローゲイン、アップポジションでハイゲインとなります。
・FUZZ:ファズのゲインを調整します。
・GATE:ファズのキャラクターを調整します。FUZZコントロールと組み合わせて様々な音を作ります。
・BIAS:ファズ回路の電圧を調整します。
・LPF:ファズのトーンを調整します。反時計回りで暖かな音色に、時計回りでブライトな音色になります。LPFトグルスイッチの位置によっても効果が変わります。
LPF1:トーンコントロールのように動作します。
LPF2:よりブライトなトーンとなり、ミッドレンジに作用します。
LPF OFF:このノブをバイパスし、ラウドなトーンとなります。
・ENHANCE:クリーンシグナルの音量と厚みを調整します。ファズ回路には影響しません。
3バンドEQはクリーンシグナルとファズの両方に作用します。
BASS:低域をカット/ブーストします。
MID:中域をカット/ブーストします。
HIGH:高域をカット/ブーストします。

●使い方
LPF:LPFスイッチをOFFにすると、ラウドでノイジーなトーンとなります。この状態でFUZZを最大にすると発振させることもできます。最初はLPF1かLPF2に設定することを推奨します。

BIAS:このノブはほとんどON/OFFとして使っても良いノブです。反時計回り最小で明瞭なファズ、時計回り最大でノイジーなファズとなります。その中間では音色は大きく変化はしません。

ENHANCE:このノブはFUZZ VOLUMEと合わせてクリーンとファズのバランスを取るように調整します。

●Alpha Hauntのアートワーク
Alpha Hauntの音色イメージを体現する、ダークで不気味なこのデザインは、Tiny Media Empireのダニエル・デンジャーによるものです。

ビルダーのBrady SmithとSeth McCarrollは以前からダニエル・デンジャーのデザインアプローチが好みで、特にBradyはリビングにダニエル・デンジャーの作品を飾っていました。
そんな中、Old Blood Noise EndeavorsのBlack Fountain Delayのプリオーダーリストにダニエル・デンジャーの名前を見つけ、早速ペダルのためのデザインをして欲しいと頼んだところ、快諾を得ました。
デザインの制作は楽しく、暗闇の中に牙が光るイメージがまさにサウンドを表現しています。
是非、ダニエルの他の素晴らしい作品も探してみてください。

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの仕様

Alpha HauntはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はご使用になれません。

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。


Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの事ならフレンズにご相談ください。

Alpha Haunt

Alpha Haunt

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの特長!
ファズ限界に挑むペダル

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntのココが凄い!
Old Blood Noise Endeavorsは、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。
時々動画を作ったり、絵や文章を書いたり、冗談を言ったりもします。

Old Blood Noise Endeavorsはガレージからスタートしました。というより、ガレージに戻ってきました。
いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。
そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立したのです。
Old Blood Noise Endeavorsは、Brady SmithとSeth McCarrollがエフェクターを制作し、また音楽を作ったり聴いたり、コーヒーを飲んだり、考えたりします。
マッツ・ミケルセンの次の作品を待ち望んだり、脚本を書いたりはしません。

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntのメーカー説明

Old Blood Noise Endeavors Alpha Hauntは、1つのファズ回路が作ることのできるサウンドの限界に挑むようなペダルです。
ワイドでオープンなオーバードライブサウンドから強力に歪む轟音まで、広く音を作ることができます。

Alpha Hauntは12のコントロールを搭載したファズペダルです。
これらのコントロールはインタラクティブで、轟音、サステイン、ゲーテッド、スパッター、ミッドスクープ、ミッドブースト、ブライト、ダーククラリティ……など様々なファズサウンドを作ることができます。

●特徴
・ファズゲイン、コンプレッション、バイアス、トーンコントロール
・ファズレンジとトーンコントロールボイシングを切り替えるスイッチ
・個別に音量を調整できるパラレルエンハンス回路
・アクティブ3バンドマスターEQ
・全体の音量を調整するMaster Volume
・トゥルーバイパススイッチング、スタンダードなDC9Vアダプターで駆動

●コントロール
・MASTER VOLUME:ペダル全体の音量を調整します。
・FUZZ VOLUME:ファズシグナルの音量を調整します。多くのコントロールがこのノブに影響されます。
・FUZZ RANGE:ファズのゲインレンジを切り替えます。ダウンポジションでローゲイン、アップポジションでハイゲインとなります。
・FUZZ:ファズのゲインを調整します。
・GATE:ファズのキャラクターを調整します。FUZZコントロールと組み合わせて様々な音を作ります。
・BIAS:ファズ回路の電圧を調整します。
・LPF:ファズのトーンを調整します。反時計回りで暖かな音色に、時計回りでブライトな音色になります。LPFトグルスイッチの位置によっても効果が変わります。
LPF1:トーンコントロールのように動作します。
LPF2:よりブライトなトーンとなり、ミッドレンジに作用します。
LPF OFF:このノブをバイパスし、ラウドなトーンとなります。
・ENHANCE:クリーンシグナルの音量と厚みを調整します。ファズ回路には影響しません。
3バンドEQはクリーンシグナルとファズの両方に作用します。
BASS:低域をカット/ブーストします。
MID:中域をカット/ブーストします。
HIGH:高域をカット/ブーストします。

●使い方
LPF:LPFスイッチをOFFにすると、ラウドでノイジーなトーンとなります。この状態でFUZZを最大にすると発振させることもできます。最初はLPF1かLPF2に設定することを推奨します。

BIAS:このノブはほとんどON/OFFとして使っても良いノブです。反時計回り最小で明瞭なファズ、時計回り最大でノイジーなファズとなります。その中間では音色は大きく変化はしません。

ENHANCE:このノブはFUZZ VOLUMEと合わせてクリーンとファズのバランスを取るように調整します。

●Alpha Hauntのアートワーク
Alpha Hauntの音色イメージを体現する、ダークで不気味なこのデザインは、Tiny Media Empireのダニエル・デンジャーによるものです。

ビルダーのBrady SmithとSeth McCarrollは以前からダニエル・デンジャーのデザインアプローチが好みで、特にBradyはリビングにダニエル・デンジャーの作品を飾っていました。
そんな中、Old Blood Noise EndeavorsのBlack Fountain Delayのプリオーダーリストにダニエル・デンジャーの名前を見つけ、早速ペダルのためのデザインをして欲しいと頼んだところ、快諾を得ました。
デザインの制作は楽しく、暗闇の中に牙が光るイメージがまさにサウンドを表現しています。
是非、ダニエルの他の素晴らしい作品も探してみてください。

Old Blood Noise Endeavors(オールドブラッドノイズエンデヴァーズ) / Alpha Hauntの仕様

Alpha HauntはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はご使用になれません。

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。

ファズ限界に挑むペダル
価格
30,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
納期目安:4〜5日にて発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く